日蓮大聖人

 日蓮大聖人の教え

 釈尊(しゃくそん)は、今から約3000年前、人々を救うため50年間にわたって説法し、その最後の8年間で出世の本懐(目的)である法華経(ほけきょう)を説かれました。
 この法華経の予言どおり、釈尊滅後2000年が経過し、釈尊仏法の功力がなくなる末法(まっぽう)時代に、民衆を救済する仏として出現されたのが、日蓮大聖人(にちれんだいしょうにん)です。
 日蓮大聖人は、法華経の極理を御本尊(漫荼羅)として顕され、その御本尊に向かって“南無妙法蓮華経”の題目を唱えることにより、いかなる人も仏の境界に至ることができると説かれました。

 法灯700年の清流

 日蓮正宗(にちれんしょうしゅう)は、建長5年(1253)4月28日に、日蓮大聖人が“南無妙法蓮華経”の宗旨を建立されたことにはじまります。
 日蓮大聖人は、多くの法難に遭いながらも、法華経の肝心である南無妙法蓮華経を弘め、弘安2年(1279)10月12日、信仰の根本である本門戒壇(ほんもんかいだん)の大御本尊(だいごほんぞん)を建立されました。その後、日興上人(にっこうしょうにん)を第2祖と定めて仏法の一切を付嘱し、同5年10月13日、61歳をもって入滅されました。
 日蓮大聖人の入滅後、身延の地頭・波木井実長(はきりさねなが)が、仏法に違背する行為を重ねたため、日興上人は正応2年(1289)の春、本門戒壇の大御本尊をはじめ一切の重宝をお持ちして、門弟とともに身延を離れ、翌正応3年10月、南条時光殿の寄進により、富士上野の地(静岡県富士宮市)に大石寺(たいせきじ)を建立しました。
 以来700有余年、日蓮大聖人の仏法は、日蓮正宗総本山大石寺に正しく伝えられています。

 日蓮正宗略年表

←左右にスクロールして表示→

 以来今日まで、日蓮大聖人の仏法は、唯授一人(ゆいじゅいちにん)の血脈相承(けちみゃくそうじょう)によって、
一器の水を一器に瀉(うつ)すように法灯連綿として、現法主・第68世日如上人(にちにょしょうにん)に受け継がれています。
西 紀 年 号 月 日 事 蹟
1222 貞応元年 2月16日  宗祖日蓮大聖人 安房東条郷片海(千葉県鴨川市)に誕生
1253 建長5年 4月28日  日蓮大聖人 安房清澄寺にて宗旨建立(立教開宗)
1260 文応元年 7月16日  日蓮大聖人 『立正安国論』を幕府に奏呈
1261 弘長元年 5月12日  日蓮大聖人 伊豆へ配流
1264 文永元年 11月11日  日蓮大聖人 小松原法難
1271 文永8年 9月12日  日蓮大聖人 竜口法難[発迹顕本]
1271 文永8年 10月10日  日蓮大聖人 佐渡へ配流
1274 文永11年 5月  日蓮大聖人 身延(山梨県)入山
1279 弘安2年 10月12日  日蓮大聖人 本門戒壇の大御本尊を建立
1282 弘安5年 9月  日蓮大聖人 日興上人に『日蓮一期弘法付嘱書』を与え、本門弘通の大導師(後継者)と定める
1282 弘安5年 10月13日  日蓮大聖人 日興上人に『身延山付嘱書』を与え、身延山久遠寺の別当(住職)と定める
1282 弘安5年 10月13日  日蓮大聖人 武州 池上宗仲の館(東京都大田区)にて御入滅
1282 弘安5年 10月25日  第二祖日興上人 大聖人の御遺骨を奉じて身延に帰山
1289 正応2年  日興上人 波木井実長の謗法により、身延を離山
1290 正応3年 10月12日  日興上人 南条時光から大石が原の寄進を受け、大石寺(静岡県富士宮市)を創建
1332 元弘2年 11月10日  日興上人 日目上人に『日興跡条条事』を与え、本門弘通の大導師(後継者)と定める
1333 正慶2年 2月7日  日興上人 重須(静岡県富士宮市)にて入滅
1333 正慶2年 10月  第三祖日目上人 法を日道上人へ付嘱する
1333 正慶2年 11月15日  日目上人 美濃垂井(岐阜県)にて入滅

 日蓮大聖人血脈付法系譜

(総本山大石寺 歴代上人)

←左右にスクロールして表示→

時 代 登座年 歴 代
鎌倉時代      宗祖日蓮大聖人
1282 弘安5年  第2祖 日興上人(にっこうしょうにん)
1298 永仁6年  第3祖 日目上人(にちもくしょうにん)
1333 元弘3年  第4世 日道上人(にちどうしょうにん)
室町時代 1339 延元4年  第5世 日行上人(にちぎょうしょうにん)
1369 正平24年  第6世 日時上人(にちじしょうにん)
1406 応永13年  第7世 日阿上人(にちあしょうにん)
1407 応永14年  第8世 日影上人(にちえいしょうにん)
1419 応永26年  第9世 日有上人(にちうしょうにん)
1467 応仁元年  第10世 日乗上人(にちじょうしょうにん)
1470 文明2年  第11世 日底上人(にっていしょうにん)
1482 文明14年  第12世 日鎮上人(にっちんしょうにん)
1527 大永7年  第13世 日院上人(にちいんしょうにん)
安土桃山時代 1573 天正元年  第14世 日主上人(にっしゅしょうにん)
1596 文禄5年  第15世 日昌上人(にっしょうしょうにん)
江戸時代 1622 元和8年  第16世 日就上人(にちじゅしょうにん)
1632 寛永9年  第17世 日精上人(にっせいしょうにん)
1633 寛永10年  第18世 日盈上人(にちえいしょうにん)
1645 正保2年  第19世 日舜上人(にっしゅんしょうにん)
1652 承応元年  第20世 日典上人(にってんしょうにん)
1673 延宝元年  第21世 日忍上人(にちにんしょうにん)
1680 延宝8年  第22世 日俊上人(にっしゅんしょうにん)
1688 貞享5年  第23世 日啓上人(にっけいしょうにん)
1692 元禄5年  第24世 日永上人(にちえいしょうにん)
1708 宝永5年  第25世 日宥上人(にちゆうしょうにん)
1718 享保3年  第26世 日寛上人(にちかんしょうにん)
1720 享保5年  第27世 日養上人(にちようしょうにん)
1726 享保11年  第28世 日詳上人(にっしょうしょうにん)
1732 享保17年  第29世 日東上人(にっとうしょうにん)
1736 享保21年  第30世 日忠上人(にっちゅうしょうにん)
1740 元文5年  第31世 日因上人(にちいんしょうにん)
1750 寛延3年  第32世 日教上人(にっきょうしょうにん)
1756 宝暦6年  第33世 日元上人(にちげんしょうにん)
1764 明和元年  第34世 日真上人(にっしんしょうにん)
1765 明和2年  第35世 日穏上人(にちおんしょうにん)
1770 明和7年  第36世 日堅上人(にっけんしょうにん)
1776 安永5年  第37世 日琫上人(にっぽうしょうにん)
1783 天明3年  第38世 日泰上人(にったいしょうにん)
1785 天明5年  第39世 日純上人(にちじゅんしょうにん)
1791 寛政3年  第40世 日任上人(にちにんしょうにん)
1795 寛政7年  第41世 日文上人(にちもんしょうにん)
1796 寛政8年  第42世 日厳上人(にちごんしょうにん)
1799 寛政11年  第43世 日相上人(にっそうしょうにん)
1803 享和3年  第44世 日宣上人(にっせんしょうにん)
1807 文化4年  第45世 日礼上人(にちれいしょうにん)
1808 文化5年  第46世 日調上人(にっちょうしょうにん)
1814 文化11年  第47世 日珠上人(にっしゅしょうにん)
1817 文化14年  第48世 日量上人(にちりょうしょうにん)
1820 文政3年  第49世 日荘上人(にっそうしょうにん)
1831 天保2年  第50世 日誠上人(にちじょうしょうにん)
1836 天保7年  第51世 日英上人(にちえいしょうにん)
1853 嘉永6年  第52世 日霑上人(にちでんしょうにん)
1862 文久2年  第53世 日盛上人(にちじょうしょうにん)
明治時代 1869 明治2年  第54世 日胤上人(にちいんしょうにん)
1873 明治6年  第55世 日布上人(にっぷしょうにん)
1889 明治22年  第56世 日応上人(にちおうしょうにん)
1908 明治41年  第57世 日正上人(にっしょうしょうにん)
大正時代 1923 大正12年  第58世 日柱上人(にっちゅうしょうにん)
1926 大正15年  第59世 日亨上人(にちこうしょうにん)
昭和時代 1928 昭和3年  第60世 日開上人(にちかいしょうにん)
1935 昭和10年  第61世 日隆上人(にちりゅうしょうにん)
1937 昭和12年  第62世 日恭上人(にっきょうしょうにん)
1946 昭和21年  第63世 日満上人(にちまんしょうにん)
1947 昭和22年  第64世 日昇上人(にっしょうしょうにん)
1956 昭和31年  第65世 日淳上人(にちじゅんしょうにん)
1959 昭和34年  第66世 日達上人(にったつしょうにん)
1979 昭和54年  第67世 日顕上人(にっけんしょうにん)
平成時代 2005 平成17年  第68世 日如上人(にちにょしょうにん)

創価学会との関係について

 創価学会はかつては日蓮正宗の信徒団体でありました。
 日蓮正宗は、平成3年(1991)11月、日蓮正宗の信条に従わない創価学会を破門し、信徒組織を法華講に統一しました。
 破門の経緯や現在の創価学会に関する情報を知りたい方は、こちらをご参照下さい。