奉安堂 (ほうあんどう)

奉安堂

 末法の御本仏日蓮大聖人は、一切衆生の成仏得道のために、弘安2年(1279)10月12日、出世の本懐である本門戒壇の大御本尊を御図顕あそばされました。
  平成14年10月、宗旨建立750年を慶祝して建立された奉安堂は本門戒壇の大御本尊を厳護申し上げる堂宇であり、日蓮正宗の僧俗にとって信仰の根本道場です。
  この奉安堂は、国内・海外の本宗僧侶ならびに檀信徒から寄せられた浄財により、2年4ヵ月の工期をもって建立されました。
 建物外観は、伝統的な日本の寺院建築様式で寄棟造り二層屋根になっています。地上一階、地下一階の鉄骨造り、間口75メートル、奥行116メートル、高さ55メートルの規模を誇り、これは、日本の伝統的寺院としては類を見ない最大級の規模です。
 また堂内は、間口55メートル、奥行84メートルあり、信徒席には5千名分の椅子席を設けており、また、大御本尊御安置の須弥壇は、全体が特殊合金でできた金庫室になっており、耐震・耐火・防犯の面でも、極めて高い安全性が確保されています。
 まさに奉安堂こそ、ここに集う日蓮正宗僧俗が、常に広宣流布と自らの罪障消滅、さらには日々の精進を誓う、崇高なる場所なのです。